KCSプリンシプル 国際認定コース

日時・開催時間

2022年5月23日(月)~5月25日(水)

※お申込み期限-5月9日(月)
※修了証発行の為、備考欄にお名前のローマ字表記をご記入ください。

カリキュラム

  • 1章:ナレッジセンターサービス(KCS)とは何か
    ナレッジセンターサービス(KCS)とは何か / なぜナレッジセンターサービス(KCS)が作られたか / なぜKCSが必要か / KCSの利点は何か
  • 2章:KCSの原理原則と主要な概念
    KCSの原理原則(プリンシプル) / KCSの主要な概念
  • 3章:KCSの実践
    KCSの実践 / ナレッジセンターサービスの理解 / ナレッジセンターサービスの方法論
  • 4章:KCSをビジネスと協調する
    ビジネスゴールと目的に協調する / KCSと共に付加価値を提供する / KCSの利点と投資対効果(ROI)
  • 5章:コンテンツを健全に保つ
    コンテンツを健全に保つとは何か / KCSコンテンツ構造 / KCSコンテンツ状況 / コンテンツスタンダードの作成 / 発展ループコンテンツの作成 / 古いコンテンツのアーカイブ / 過去の遺産データの対処法 / 新しい情報でナレッジベースを準備する / グローバルサポートの課題 / ナレッジドメイン分析 / コンテンツの健全性指標 / 成功するセルフサービス / セルフサービスの測定
  • 6章:KCSの役割と責任
    KCSの役割とライセンスモデル / KCSライセンスモデル / 役割と能力を定義する
  • 7章:プロセス統合
    プロセス統合 / 構造的問題解決(SPS) / シームレスなテクノロジ統合 / KCSの検索テクノロジ / 全システムのクローズループフィードバック / KCSプロセス統合指標
  • 8章:パフォーマンス評価
    価値創造の評価 / フィードバックと高評価モデル
  • 9章:リーダーシップ
    リーダーシップ / 内的モチベーション要因を活用する / 認証プログラム / 説得力のある目的 / チームワークの促進
  • 10章:コミュニケーション
    コミュニケーション / 主要なメッセージと的を射た簡潔な説明(エレベータピッチ) / 質問や反対意見への対応 / 他者との関わりのためのプログラム
  • 11章:テクノロジ
    機能的な必要条件 / テクノロジの選択 / テクノロジの選択
  • 12章:KCS導入ロードマップ
    KCS導入プログラム / KCS導入フェーズ / 導入での役割 / KCS導入戦略 / ピープル、プロセス、テクノロジの投資 / 重要成功要因

会場

〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3
芝公園フロントタワー

費用

税込、テキスト代+試験1回付:220,000円
税込、テキスト代       :176,000円

※お申込みフォームを送信頂いた後、弊社担当者よりご連絡差し上げます。
その際、試験のご希望について伺います。

*ご登録時に使用されたメールアドレス宛にプロシードからメルマガをお送りさせていただきますのでご了承ください。メルマガ内にて配信停止は簡単にできますのでご安心ください。

カスタマーエクスペリエンスのその先へ
貴社の顧客体験の悩みにお答えします