KCS国際認定
トレーニングコース

様々な問題を解決しパフォーマンス向上を実現する ナレッジマネジメントの方法論

問い合わせ

Kcssixpointsセンターパフォーマンス向上のための
応対プロセス改革

20年以上数百社のコンタクトセンターの改善を
ご支援してきたプロシードが、HDI公認トレーニングパートナーとして、
事例を踏まえトレーニングを実施します。

KCSATP

ナレッジは有効活用できていますか?

ナレッジ管理が様々な問題を解決する鍵

ナレッジ管理、と聞くと、その難しさに頭を抱える人も多いのではないでしょうか。それは、
・SVフォローの増大
・経験者の属人的な対応
・紙マニュアルによる管理の難しさ
など多岐にわたります。 KCSはこれらの問題を解決するだけでなく、オペレーターの育成時間短縮や一次解決率の向上、生産性の向上など、様々な改善を実現することが可能なナレッジマネジメントにおける国際標準フレームワークです。

ナレッジマネジメントの国際標準フレームワーク「KCS」

ナレッジを捉え・構造化し・再利用しながら・改善する手法論

KCSは米国NPO団体「サービスイノベーションコンソーシアム」が10年間実証実験を繰り返し完成させたナレッジ活用によるセンターパフォーマンス向上のための一連のプロセスです。 従来のオペレーターナレッジに由来する応対ではなく、ナレッジ(社内FAQ)を活用して応対を進めるプロセスを起点にナレッジの開発・利用及び改善を 進めるものです。 詳細は、以下をご参照ください。
図の引用元:Consortium for Service Innovation

KCS紹介動画

こちらの動画ではKCSの以下についてご紹介しております。

  • KCSとは
  • KCSの誤解
    ~KCSはマニュアルをつくるためのフレームワークではない~
  • KCS導入Before After
    ~体制と応対の変化~
  • KCSダブルループ(改善x発展)
  • KCS導入の効果
    ~なぜCXとEXの向上が期待できるのか?~

プロシードが実施するKCS研修の特徴

受講後の
フォローアップが充実

・コミュニティサイトで、同じ悩みを持った仲間と交流できる
・分からないことがあればいつでも講師に質問できる

どこでも同価格で
受講できる

・オープンコース、オンラインコース、講師派遣型の選択が可能
・HDI-Japanのオンライン開催受講料とほぼ同額で受講ができる

講師はセンター改善の
エキスパート

・センター改善を10年以上経験したコンサルタントが講師
・KCSのみならず、様々な事例を含めた研修を実施

目的に合わせた2つの研修コース

KCSファウンデーション
国際認定コース

KCSの概要説明、導入効果などを学ぶ基礎的なコース

研修費用:110,000円(税込、テキスト代+試験1回付)
                         83,600円(税込、テキスト代)

日時・開催時間会場受付状況
2022年3月18日(金)9:30〜18:00


東京受付終了
2022年5月20日(金)9:30〜18:00
※申込締切日:5月6日(金)
東京受付終了
2022年7月21日(木)
※申込締切日:7月7日(木)
オンライン受付中
2022年9月東京 準備中
2022年11月東京 準備中

KCSプリシンプル
国際認定コース

KCSの基礎に加え、実践的なステップを学ぶコース

研修費用:220,000円(税込、テキスト代+試験1回付)
     176,000円(税込、テキスト代)

日時・開催時間会場受付状況
2022年5月23日(月)~5月25日(水)
※申込締切日:5月9日(月)
東京受付終了
2022年11月東京 準備中

カスタマーエクスペリエンスのその先へ
貴社の顧客体験の悩みにお答えします