ウェルビーイング

従業員をグッドコンディションにし仕事のパフォーマンスを最大化させる、
従業員の幸福度を高めたい組織向けのプログラム

問い合わせ

ウェルビーイング(WellBeing)とは

1946年にWHOが「健康」の定義について以下のように記載されたことによります。

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、

肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」

近年ではウェルビーイングを高めることが、

従業員の創造性、生産性を高めるという研究報告がされ、

ビジネス領域で注目度が高まっています。

ウェルビーイング(well-being)が求められる背景

現代では、サステナビリティの観点から自然環境に対する配慮や雇用を創出するといった問題など、企業における社会的な責任が強く求められるようになりつつあります。 様々な雇用形態での就業を提供しているカスタマーサービス組織においては、経済的な成長はもちろんのこと、ダイバーシティや労働環境、人権等に配慮した組織運営への社会的要求は高まってきています。

プロシードがウェルビーイングで実現したいこと

プロシードは、ウェルビーイングな状態、つまりは従業員の幸福度を高めることがこれからの時代におけるビジネスパフォーマンス向上には欠かせない取り組みであると注目しました。サービス業界における仕事の価値向上、そこに従事するスタッフのウェルビーイングを目指す企業が増えることで、日本社会の幸福度が高まることを目指しています。

プロシードのウェルビーイング診断とは

カスタマーサービスに従事するスタッフへのアンケート調査から、主観的幸福度と、そこに影響する可能性が高い重要因子の状態を可視化します。

Cycle of Support
プロシードのウェルビーイング診断概要
  1. 比較組織データの確認(拠点別、業務内容別)

  2. アンケートへの回答(Webアンケート)

  3. 集計結果のレポート(PDFにて送付)

7つのタネ(重要因子)

自己コントロールしながら役割を果たすためのタネ

イキイキ働くためのタネ

チームが強い信頼で結ばれるタネ

お互いを認め合うためのタネ

従業員と会社が固い絆で結ばれるためのタネ

お互いを認め合うためのタネ

健やかに働くためのタネ

ワークライフサイクル

診断サービスの特徴

コンタクトセンターの幸福度と自社を比較できる

約60問のアンケート設問(約15分)への回答

調査完了後1週間後にレポート報告

費用:22万円(税込)~

Well-Being Customer Center Award2021

国内初! 幸福度が高いカスタマーセンターを目指すための祭典

『Well-Being Customer Center Award2021』はただいまエントリー
受付中です。2021年は先着30組織のアワード参加費が無料です。

Clients
導入企業一覧

カスタマーエクスペリエンスのその先へ
貴社の顧客体験の悩みにお答えします